前へ
次へ

シュタイナー教育が見直されている背景とは

シュタイナー教育とは、あまり聞き慣れない言葉かもしれません。
シュタイナー教育とは、20世紀初頭の哲学者、ルドルフシュタイナーが唱えた教育方法です。
この教育方法は、子供の感性を高めるために芸術性に趣を置いている傾向が高く、文系よりの強い教育方法です。
日本に入ってきた当初、日本は理系よりの学問に力を入れていたため、受け入れ難い教育内容でもありました。
近年、全てとは言い切れませんが、シュタイナー教育の様な文系よりの教育内容に対する価値が見直され始めているのです。
理系よりの内容の中には、社会において、システム化される中、職がシステムによって奪われ初めています。
人間にしかない発想力、感性などの価値による重要性が高まっているのです。
企業としては、競争が激しい社会において、他社と差別化して行かなければなりません。
共通的に認識している理系よりの考え方よりも、独自性があり発想力のある人材を求め始めているのです。
今後更に、文明の発達と共に、システム化されやすい内容はAIによって職が奪われる可能性が高まります。
それに伴い、文系よりの教育の価値は高まる可能性もあるでしょう。

Page Top