前へ
次へ

学校の教育よりも大切なことは何か

難関な国家資格を取得していても、人としての最低限のこと、社会人として守らなければいけないことが分かっていないと、人としては欠陥があると判断されてしまいます。
書類作成を仕事にしている弁護士の中にも提出期限を全く守らない人がいます。
難しい国家資格を突破していると言っても、社会人としての最低限のことが理解できていない、というのはそれだけで信用を失うことになります。
それは依頼人とのやり取りの中で打ち合わせの日時を守らないということだけではなく、訴訟の相手に対しても同じことが言えます。
この日までに提出をしなければいけない、と決められている書類を相手に提出しないというのは、最低なことです。
勉強は出来るかもしれませんが、それだけでは社会人としては失格を言えるでしょう。
どういうことが大切なのか、ということも本来であれば教育を受けて守らせるようにしなければいけません。
教科書の勉強だけでは社会人としてやっていくことは出来ません。

Page Top